けがをしている時、お酒を飲んでもいいですか?

お酒

「けがをしている時、お酒を飲んでいいですか?」

と患者様から質問を受けましたので、お酒について調べてみました。

 

ケガをしている状態での飲酒は、身体に悪影響を及ぼす

 練習や試合で切り傷や打撲、捻挫、肉離れなどのケガをした状態でお酒を飲むと
血液循環がよくなる事により、出血が促進され腫れや炎症が強くなり、痛みが増強します。

 よって飲酒はケガの回復(組織の治癒回復過程)を阻害する原因になります。

 

その他にも、

 

・運動直後の飲酒は筋肉の疲労回復を遅らせる
・大量飲酒は即座に筋を破壊する
・大量飲酒は筋肉量の増加や筋力の増強にも悪影響を及ぼす

 

などがあげられます。

 

スポーツをされている方の飲酒は注意が必要で
けがをした場合は基本的にお酒を控える方が良いでしょう。

 

適量のアルコールは人体に良い影響を及ぼす

適量のアルコールは人体に良い影響を及ぼす事は知られていますが
どの様な効果があるのでしょうか?

 

・ストレスを和らげ、人間関係を円滑にする
・善玉コレステロールを増やす
・心身の状態をよくする

 などの効果があります

 

どのくらいの酒量・アルコールが適量なの?

社団法人アルコール健康医学協会によれば、


ビール:中びん1本(500ml)
日本酒:1合(180ml)
焼酎:0.6合(約110ml)
ウィスキー:ダブル1杯(60ml)
ワイン:1/4本(約180ml)
缶チューハイ:1.5缶(約520ml)

 

を、お酒1単位とされています。

 

個人差はありますが、お酒1~2単位が、人の身体には適量と言われていますので
これからすると、中びんビール2本、日本酒2合……といったところになります。

 普段、何げなくお酒を飲んでいましたが、注意することが色々ありますね。

ご参考になれば幸いです。

 

参考文献 社団法人アルコール健康医学協会 http://www.arukenkyo.or.jp/

———————————————————————————-

【十勝・帯広の整骨院】せせらぎはり・きゅう整骨院

中川郡幕別町札内北栄10−1(さつない耳鼻咽喉科様向え)

受付時間  月~金 8:30~19:00

        土 8:30~15:00(昼休みなし)

定休日    日曜・祝祭日

TEL     0155-67-5931

メール    seseragi.harikyuu@gmal.co.jp

お問い合わせは 「ホームページを見て…」とお気軽にご相談ください。

———————————————————————————-

 

コメントを残す

このページの先頭へ